最新情報Information

すべての記事を見る

常滑焼とはAbout

常滑焼(とこなめやき)は、
愛知県常滑市を中心とし、その周辺を含む知多半島内で焼かれる陶器です。

常滑焼は美しいオレンジの朱泥の急須が代表的なものです。 常滑は港に近い土地、良質な粘土と豊富な燃料という土地柄から、平安時代にはすでに日本を代表する陶器の産地でした。

明治以降は土管や焼酎のカメ、タイルなどの産業陶器が主流で、昭和になると植木鉢などが生産されるようになります。江戸時代から常滑焼急須が現代まで受け継がれています。

プロフィールProfile

{{profs.old}}
{{profs.title}}

その他、多数の入選受賞歴がある。各地で、個展・グループ展も多数開催。 常滑市無形文化財保持者、現日本工芸会正会員、 常滑陶芸作家協会会員

コレクションCollection

小西洋平 戦後の常滑焼の茶器を新しい技法で開花させた父小西友仙から受け継いだ創造性は、昭和50年から60年に強烈な個性を発揮して斬新なデザインの急須を数々創りだし各方面に大きな影響を与えました。

個性と感性が急須の中で結びつき、多くの陶芸家が苦手とする急須をいとも簡単に造りだすセンス。又暖かい雰囲気は多くの人が支持するものです。繊細かつ完璧な仕事が急須一つ一つに表現されています。

強烈な個性を持つ小西洋平さんの焼き物は、世界中の焼き物愛好家に広く愛されています。

page 1/

PDFをダウンロードする

小西洋平のこだわりRespect Quality

{{respect.title}}

お問い合わせContact

プロジェクトチーム

株式会社アイエヌティー
〒455-0076 愛知県名古屋市港区川間町3丁目7番地

|インターネットから

|お電話から

お問い合わせには、営業時間内に対応させていただきます。
営業時間:9:00~17:00(土・日・祝日および夏季・年末年始の休業日を除く)